2019年04月29日

平成最後の昭和の日

BLOG20190429.jpg

平成最後の昭和の日。
ということで、
平成生まれの昭和を知る男、
としてはちょいと、
平成を振り返りたくなるのです。

平成を振り返るということは、
人生そのままを振り返ることになるので、
良い機会だと思います。

テレビで平成の紅白みたいなタイトルで、
平成30年の紅白を振り返っていましたが、
歌とともに自分の人生を重ねた人も多かったんじゃないですかね。

僕と音楽は、
桑田佳祐さんで音楽に目覚め、
米米CLUBのカールスモーキー石井さんのモノマネ、
しまくり(歌も語りも)の中学時代があり、
B'zを目覚ましにしていた高校時代があり、
AEROSMITH、QUEENを入り口にLAメタルにはまり、
ロック野郎でロケンローしていた先に、
ビリー・ジョエルとの衝撃の出会いがあり、
これをやりたい!とビリーをコピーしまくり、
その先にお洒落な場所でビートルズや
ジェリー・リー・ルイスを歌う機会をいただき、
エルビス・プレスリーのギタリストの方と共演させていただく、
なんてとっても貴重な機会も経て、
高峰ショウが誕生して13年、
ってカンジです。

その音楽と人生を重ねてみると、
それぞれの音楽とともに、
それぞれの場面が思い出されたりして、
やはり人生は音楽とともに、
ってカンジですね。

30年という歳月は、
それなりにいろいろなことがあるもので、
いいことも、
そうじゃないことも、
そのすべてが思い出。

それを、
Souvenirにして、
新しい時代を迎えたいと思います。

ということで、
明日が賞味期限のポテチの封を、
そろそろ開けたいと思います。

See you next shiasatte

☆次回公演のお知らせ☆
「2400秒で伝えたいこと」
公演日:5月8日(水)
会場:祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
開場:18時30分/開演:19時
前売・当日:2000円(+1ドリンク)
出演:小川ハル/千ノ倉千秋/高峰ショウ

チケット等のお問い合わせは、
showtakamine@yahoo.co.jp

☆今後の公演情報☆
5月8日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
5月10日(金)神保町楽屋
5月31日(金)大塚Welcome back
6月24日(月)東新宿・真昼の月・夜の太陽*新たに決まりました!

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb

☆映画を語りまショウ!!!☆
『タニタニック』
映画『タイタニック』.jpg

SHOW TV4月号の映画を語りまショウ!!!で、
「平成最後にオススメの映画」として語った、
『タイタニック』を語りまショウ!!!

『タニタニック』は、
1997年に制作され、
監督はジェームズ・キャメロン、
主演がレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット。
1998年、つまり平成10年のアカデミー賞で、
11部門で受賞した歴史的超大作。

映画館で初めて見たとき、
かなりの衝撃を覚えた記憶があります。
基本的にラブロマンス映画でありながらパニック・ムービー。
恋の行方にも、パニックの映像にも、
ハラハラドキドキ、
本当に凄い映画だ!って感動ました。
なので、僕にとって、
平成を象徴する映画の印象もあります。

ストーリーは、
1912年、豪華客船タニタニックが処女航海に出発し、
そのタニタニック号の中で、
画家志望の青年ジャック(レオナルド・ディカプリオ)と、
上流階級の娘ローズ(ケイト・ウィンスレット)は運命的な出会いを果たすも、
タニタニック号は氷山と接触し、やがて…ってお話。

この話の内容や、
ジャックとローズの恋の行方は、
多くの人が知るところ。
なので、それには触れず、
よく話題になる、
どこで一番感動したか、について語りましょう。

まず、音楽家たち。
沈み始めたタニタニック号のの船上で、
パニックになる乗客を落ち着かせようと、
音を重ね、奏でます。

やがて演奏を止め、
幸運を祈るとその場を離れようとしますが、
ひとりが演奏を再開すると、
離れかけた音楽家はすぐに元に戻り、
再び音を重ね始めるのです。
このシーン、とても感動しました。

そして、このとき演奏された曲が、
“主よ、みもとに近づかん”で、
これ、実話なんですね。

映画ではこの曲の演奏とともに、
死を受け入れる人々が描き出されます。
船長、設計主任、ベッドで抱き合う老夫婦、
ふたりの子供たちに語りかける母親。
奏でられる切ない旋律とともに、
溢れる涙を止められません。

次に、ジャックとローズのラストシーン。
タニタニックが沈没し、
どうにか生き延びたふたり。
船の破片に横たわるローズと、
それを支えるジャック。

ジャックはローズに、
生きることを決して諦めるなと伝えます。
やがてジャックは力尽きてしまいますが、
ローズはジャックの言葉を胸に、
微かな声を張り上げ助けを求め、
無事に助け出されます。

この助けを求めるシーン、
とても感動しました。
上流階級のローズは、
自分のこれまでの人生を否定的に捉えていました。
でも、ジャックとの出会いでローズは変わったのです。
力強く生きることを選択しました。

この作品では、
その後ローズが自由に理想的な人生を歩んだことが、
それとなく描かれていたりします。
生きるか死ぬかの切羽詰まった状況の中、
ローズが見つめる星空がやけに美しいのです。
静かな冷たい海、
その静寂の中の助けを求める叫び声。
とても感動しました。

そして、100歳になったローズが、
「あっ!」と言って、
海へ碧洋のハートと呼ばれるペンダントを投げ入れるシーン。
この作品のほぼラストシーンと言えます。

タイタニックは、
100歳になったローズが、
当時のことを語ることで話が進められていきます。

すべてを話し終えて、
タニタニックにどんなストーリーが明らかになった夜、
100歳のローズは碧洋のハートを投げ入れるのです。

碧洋のハートは、
ジャックが描いたローズの首にかかっていたものでした。

100歳になって、
初めてすべてを話したローズ。
ローズの中のタニタニックが終わりを告げた瞬間。
とても感動しました。

この他にも語りたいことがたくさんある作品ですけど、
とにかく、僕の中で平成を象徴する作品、
平成最後にちょっと語っておきたい作品でした。

主演のレオナルド・ディカプリオはもちろんカッコいいですけど、
何気に100歳のローズの話の聞く、
碧洋のハートを探すトレジャー・ハンター役を演じた、
ビル・パクストンが好きだったりします。

ということで、
平成最後にオススメの映画でした。

『タニタニック』
制作:1997年
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/ビリー・ゼイン
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

4・24目黒THE LIVE STATION

show takamine@meguro20190424-06.jpg

show takamine@meguro20190424-18.jpg

show takamine@meguro20190424-11.jpg

show takamine@meguro20190424-15.jpg

show takamine@meguro20190424-16.jpg

show takamine@meguro20190424-18.jpg

SET LIST
1.Smile
2.ひまわり
3.平成
4.Are You Happy Now!?*平成最後Ver.
5.Souvenir(ビリー・ジョエル)
 〜ありがとう

イベント「Song for you」でした。
僕のステージは、
『平成最後の物語』と題して、
いろんな平成最後を歌ってみました。

何が正しくて…
何が間違いなのか。
平成最後の物語の始まりは、
THE LIVE STATIONで歌い続けるきっかけとなった、
やっぱりこの曲、
“Smile”

高く高くどこまでも…
平成最後に力を込めて、
令和に繋げるように手を伸ばす、
“ひまわり”

時代は変わる、
時代が変わる…
変わってゆくもの、
変わらないもの、
それぞれ大切にしたい、
“平成”から令和へ繋ぐ想い。

昭和から平成…
そして平成から令和へ、
ミライヘツヅイテイク、
“Are You Happy Now!?”

どの年の思い出も…
ファイルして胸にしまうことにしよう、
“Souvenir”

“ありがとう”…
平成に感謝を込めて、
令和もよろしくを込めて。
これからもよろしくね…

ってお話でした。

高峰ショウは平成生まれ!
ってことじだけじゃなくて、
活動自体、平成で歌い続けたわけで、
そして、高峰ショウを育ててくれたのが、
目黒THE LIVE STATIONだったので、
そんな、平成とTHE LIVE STATIONに感謝を込めた、
5曲にしてみました。

今回はどの曲がハイライトというより、
『平成最後の物語』その物語自体が、
ハイライトとなったようです。
平成最高のステージの声もいただきました。
今回は「強い」ステージだったかもしれないですね。

またシングルCD“平成”を発売しました。
声を気に入っていただけるご感想いただけましたので、
また制作に力を入れていこうと思います。

次回公演は、
初めての場所、
祖師ヶ谷大蔵エクレルシ、
イベント「2400秒で伝えたいこと」です。

令和初の公演が初めての場所。
心を一新して、
臨みたいと思います。

足を運んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
共演の中村郁実さん、谷川智宏さん、
お疲れさまでした。
目黒THE LIVE STATIONの皆さん、
ありがとうございました。

☆次回公演のお知らせ☆
「2400秒で伝えたいこと」
公演日:5月8日(水)
会場:祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
開場:18時30分/開演:19時
前売・当日:2000円(+1ドリンク)
出演:小川ハル/千ノ倉千秋/高峰ショウ

チケット等のお問い合わせは、
showtakamine@yahoo.co.jp

☆今後の公演情報☆
5月8日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
5月10日(金)神保町楽屋
5月31日(金)大塚Welcome back

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb

posted by 彷徨えるピアノマン at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

平成

BLOG20190423.jpg

去年からちょくちょく、
「平成最後」が謳われましたけど、
いよいよ諸々が、
「平成最後」になってきましたね。

ということで、
僕も明日は、
「平成最後の物語」と題して歌います。

なんたって、
高峰ショウは昭和をよく知る男でありながら、
平成生まれでございますから。

元号が変わり、
平成を振り返ることによって、
ちょっと自分のこれまでを見つめなおす、
日本人にとって、
よい機会になってるんじゃないかなって思います。

ということで、
平成まんじゅうを頬張りながら、
振り返っております。

明日の公演では、
久々にCDを発売します。

曲はもちろん、
“平成”でございます。
500円なり。

是非!

☆次回公演のお知らせ☆
「Song for you」
公演日:4月24日(水)
場所:目黒THE LIVE STATION
開場:19時/開演:19時30分
前売:2300円/当日:2800円*(+1ドリンク)
出演:中村郁実/谷川智宏/高峰ショウ

☆今後の公演情報☆
4月24日(水)目黒THE LIVE STATION
5月8日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
5月10日(金)神保町楽屋
5月31日(金)大塚Welcome back

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb
posted by 彷徨えるピアノマン at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする