2020年01月30日

1・29祖師ヶ谷大蔵エクレルシ

show takamine@eclaircie20200129-08.jpg

show takamine@eclaircie20200129-03.jpg

show takamine@eclaircie20200129-04.jpg

show takamine@eclaircie20200129-06.jpg

show takamine@eclaircie20200129-01.jpg

SET LIST
1.Happiness
2.LIKE
3.Love Of My Life(QUEEN)
 〜手をつないで
4.未来列車
5.ELEVEN
6.SMILE〜晴れ渡る空のように〜(桑田佳祐)
 〜KISS

イベント「The Future Starts Today」でした。
僕のステージは『ミライハジマル物語』と題して、
いろんな未来始まるを歌ってみました。

朝の光が窓から…
始まりを喜びと感じられる、
『ミライハジマル物語』のはじまりは、
“Happiness”

好きより先に行こうとすると…
苦しくなるけど、でも大切にしたい想い、
“LIKE”

君は僕のすべて…
それがわかるかい?
“Love Of My Life”

“手をつないで”いこう…
流した涙のその先に、
見果てぬ世界があるから。

千年先まで、届けよう、繋げよう…
夢のまちから未来へと。
“未来列車”

これからの未来…
夢を現実にするのは、
“ELEVEN”

ここから未来を始めよう…
素晴らしき哉、あなたの
“SMILE〜晴れ渡る空のように〜”

これからの未来は…
僕らが創っていくもの、
そのためには、
Keep it simple,smile.
つまり、『ミライハジマル物語』のおしまいは、
“KISS”

ってお話でした。

今回の物語もカヴァーも含めて、
どの曲も好評いただきましたが、
“手をつないで”“未来列車”“KISS”あたりが、
ハイライトだったでしょうか。

今回は「未来」をテーマとして扱ったので、
物語としてわかりやすいものになったのかもしれません。

「未来」がテーマだったからこそ、
“未来列車”“ELEVEN”を演奏してみました。

“未来列車”は未来に向けたポジティブなメッセージソングだと思いますし、
“ELEVEN”生まれ変わるをテーマにしたロックナンバー。
で、どちらも僕自身、大好きな曲でもあるのです。

新曲“KISS”が、
とても好評いただけたようで良かったです。
KISSというタイトル通りのイメージでもありつつ、
人生を生きていく上で大切にしたいこと、
それを「KISS」という言葉に込めてみた、
そんな意味もあったりします。

で、数日前に公開された、
桑田佳祐さんの新曲を急遽カヴァーしたわけですけど、
何故カヴァーしたのかというと、
サビ前の歌詞が、
♪ここから未来を始めよう♪
だったからなのです。

今回の物語が『ミライハジマル物語』ですからね
これは驚きましたね〜。
で、カヴァーするしかないっしょってことで、
“KISS”の前にカヴァーしてみました。
やっぱり僕は「持ってるな!」ってお話です(笑)。

共演のお二人も、
世界観があり、メッセージがあり、
堪能させていただきました。
この日もとても素敵な夜となりました。

次回公演は、
2月11日(火祝)東新宿真昼の月・夜の太陽公演、
イベント「Feel it」です。
この日は「雪」をテーマに物語を描こうと思っています。
是非!

『ミライハジマル物語』に足を運んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました!
共演のjunne fron Lilita∞Complexさん、小池啓仁さん、
お疲れさまでした。
エクレルシの皆さん、
ありがとうございました。

☆次回公演のお知らせ☆
Feel it
公演日:2月11日(火祝)
会場:東新宿真昼の月・夜の太陽
開場:17時/開演:17時30分
前売・当日:2300円(ドリンク別)
出演:Yuki from OOC、沢村政男、Roreda、魚住英里奈、きのすけ、高峰ショウ

☆SHOW TAKAMINE LIVE☆
2月11日(火祝)東新宿真昼の月・夜の太陽
2月19日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
2月29日(土)大塚Hearts Next
3月2日(月)大塚Welcome back
3月11日(水)東新宿真昼の月・夜の太陽

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb
posted by 彷徨えるピアノマン at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

コアラのマーチ

BLOG20200126.jpg

仕事のあとは、
LOTTEコアラのマーチ。

昨日はオーストラリアデー。
コアラのマーチを買うと、
コアラ基金に寄付されるそうですね。

僕らにできること、
その一つなのかもしれません。

先日の下北沢BREATH公演での、
“It This The World We Created?”と
“サンゴが白くなる前に”は、
オーストラリアを浮かべながらの歌唱となりました。

また、昨日は大相撲、
徳勝龍関の優勝にとても感動しました。

優勝を決めた瞬間のあとの泣き顔に、
思わずもらい泣き。

優勝インタビューでは、
爆笑、そして、もらい号泣。
まさに笑いと涙のインタビュー。

優勝を決めた一番の積極的な取り口から、
その人柄、ユーモア、笑顔、
ご家族への想い、絆、お父さんの涙、
親方との握手、恩師への想い、エピソード、
徳勝龍関の人柄を引き出したインタビュアー、
そして、この日の観客まで、
何から何までが素晴らしくて、
心から「良いものを見た」っていう、
そんな一日となりました。

そこにはドラマがあり、
その奥には人知れずの努力があり。
そこからは多くの学びがあります。

まだ33歳。
素晴らしい言葉。

明後日は、
祖師ヶ谷大蔵エクレルシ公演です。

僕のステージは、
『ミライハジマル物語』と題してお届けします。

僕は「まだ25歳」。
未来を始めるのです!

是非!

☆次回公演のお知らせ☆
The Future Starts Today
公演日:1月29日(水)
会場:祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
開場:18時30分/開演:19時
前売・当日:2500円(1ドリンク600円)
出演:junne from Lolita∞Complex、小池啓仁、高峰ショウ

☆SHOW TAKAMINE LIVE☆
1月29日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
2月11日(火祝)東新宿真昼の月・夜の太陽
2月19日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
2月29日(土)大塚Hearts Next
3月2日(月)大塚Welcome back
3月11日(水)東新宿真昼の月・夜の太陽

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb

☆映画を語りまショウ!!!「マリと子犬の物語」☆
映画『マリと子犬の物語』.jpg

2007年の日本映画、
『マリと子犬の物語』を見ました。
とても感動しました。

新潟県山古志村で暮らす石川家に子犬がやってきて、
父・優一(船越英一郎)、息子・亮太(広田亮平)、
娘・彩(佐々木麻緒)は、
マリと名付け育て成長しやがて子犬が誕生するも、
大きな地震が発生、そして…
ってお話。

まず、健気についてくる、
子犬の姿にメロメロになります。
表情、追いかけてくる姿、
そのすべてに癒されます。

マリと名付けられたその犬は、
成長し、3匹のママになるのですが、
大きな地震が発生するのです。
新潟県中越地震。

家も村もメチャクチャ。
石川家もマリたちもメチャクチャです。

でも、メチャクチャの中、
マリはじいちゃんと彩を、
救うのです。

そして石川家は全員助かるのですが、
マリたちは…行方がわからなくなってしまうのです。

マリはお母さん。
彩は自分のお母さんを呼ぶように、
叫び続けます。
決して諦めないのです。

そして…
思わず涙が溢れてくる、
そんな光景が青空の下に広がります。

真っ直ぐな父親役を、
船越英一郎さんが好演、
健気で一生懸命な亮太と彩役の、
広田亮平さん、佐々木麻緒さんも素晴らしい。

そして、なんといってもマリ、
その演技!
ワンコとは思えない、
絶妙な演技を見せてくれています。

この映画は震災の側面も感じさせてくれます。
たくさんの人との助け合い。
ぶつかることもあれば、
そこから大事なことに気付いたり。

またこの映画では家族の問題にもフォーカスしています。
この家族は震災を通して絆を深め、
「ふるさと」への想いを取り戻していきます。

伏線があり、しっかり回収していて、
脚本も素晴らしいと感じました。

子犬の可愛さ、ワンコの演技に感嘆したいとき、
被災したときの共助とは何ぞやを感じたいとき、
そして、母親の愛、強さを感じたいとき、
オススメの作品です。

「マリと子犬の物語」
制作:2007年/日本
監督:猪俣隆一
脚本:山田耕大、清本由起、高橋亜子
出演:船越英一郎、松本明子、広田亮平、佐々木麻緒、徳井優
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

1・22下北沢BREATH

show takamine@breath20200122-18.jpg

show takamine@breath20200122-13.jpg

show takamine@breath20200122-31.jpg

show takamine@breath20200122-35.jpg

show takamine@breath20200122-32.jpg

SET LIST
1.密度
2.パプリカ(foorin)
 〜ひまわり
3.Capy
4.Is This The World We Created(QUEEN)
 〜サンゴが白くなる前に
5.The Showstopper
6.Let It Be(THE BEATLES)
 〜素顔のままで
7.DIVE!!!
8.GOLD!!!

イベント「ディナーブレス」でした。
僕のステージは、
『あるがままの物語』と題して、
いろんなあるがままを歌いました。

いつもは大人しい君がおしゃべり…
今夜は不思議な夜なのです、
『あるがままの物語』のはじまりは、
“密度”

“パプリカ”花が咲いたら…
晴れた空に種を蒔く、
2020年応援ソング、センバツ行進曲にも決まった、
もはや国民的ソング、からの。

高く、高く、どこまでも…
ズンと、グンと伸ばしていく、
それは“ひまわり”

ジーっと、ジーっと…
ただただジーっとしているのです、
“Capy”

これが僕たちの創った世界なのか…
いったい何のために僕たちは、
この地球を支配しているのか、
地球温暖化反対論者に問う、
“Is This The World We Created?”

今すぐに手を差し伸べて…
今なら君を救えるはず、
終わらないオーストラリアに捧ぐ、
“サンゴが白くなる前に”

真夜中のでっかい公園のちっちゃなステージで…
たったひとりの観客、君のために僕は歌う、
“The Showstopper”

苦難の中にいるとき…
聖母マリア(メアリー母さん)が囁いてくれるんだ、
あるがままになさい、
“Let It Be”

“素顔のままで”いよう…
ありのままの君と僕で。

Don't think.feel…!
何も考えなくていいんだ、
だから、“DIVE!!!”

コケちゃったってsmile…
それこそ黄金のPRIDEなのです、
『あるがままの物語』のおしまいは、
東京オリンピック・パラリンピック非公式応援ソング、
“GOLD!!!”

ってお話でした。

どの曲も好評いただきましたが、
“サンゴが白くなる前に”がハイライトだったでしょうか。
僕自身、オーストラリアの光景を浮かべながらの歌唱となりました。
同じ曲でも見えてくれる景色が変わったりするもので、
その時、その瞬間抱く想いを大切にして、
歌っていこうと改めて思うこの日のサンゴでした。

共演の東京モルモットさんのキャッチーでありつつ、
妖艶なステージも堪能させていただき、
思わず身体を揺らしたくなる、
そんな素敵な夜となりました。

次回公演は、
1月29日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ公演で、
イベント「The Future Starts Today」です。
僕のステージは、
『ミライハジマル物語』と題してお届けします。
僕は3組中3番目、20時20分から出演予定です!
35分のステージです!
是非!

『あるがままの物語』に足を運んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
共演の東京モルモットの皆さん、
お疲れさまでした。
BREATHの皆さん、
ありがとうございました!

☆次回公演のお知らせ☆
The Future Starts Today
公演日:1月29日(水)
会場:祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
開場:18時30分/開演:19時
前売・当日:2500円(1ドリンク600円)
出演:junne from Lolita∞Complex、小池啓仁、高峰ショウ

☆SHOW TAKAMINE LIVE☆
1月29日(水)祖師ヶ谷大蔵エクレルシ
2月11日(火祝)東新宿真昼の月・夜の太陽
2月29日(土)大塚Hearts Next
3月2日(月)大塚Welcome back
3月11日(水)東新宿真昼の月・夜の太陽

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb
posted by 彷徨えるピアノマン at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする