2020年09月11日

わたあめ

BLOG20200911.jpg

ふと空を見上げると雲がわたあめみたいで、
なんだか美味しそうな気持ちになりました。
下を向くより上を向いた方がいいので、
空をぼんやり眺めることが多くなった最近ですが、
雲って本当にいろんな形があって面白いものです。

雪みたいなときもあれば、
指の形みたいなときもある。
食べ物みたいなときもあれば、
でっかい要塞みたいなときもある。
同じ形は二度とないわけで、
その瞬間を楽しむ。
雲を眺めるって遊び、結構面白いものです。

それに雲を眺めていると元気が出ます。
というのも、空を見上げるということは、
背骨が真っ直ぐになりやすくなります。
背骨が真っ直ぐになると神経の通りが良くなるので、
身体が活動しやすくなりますし、
前向きな気持ちになります。
つまり、元気が出るのです。

いつも胸を張りだしてカスカス言ってる芸人さんが、
何故いつも元気なのか研究した人がいるらしく、
その元気の答えが背骨真っ直ぐということらしいです。
背骨の中でも上のほう、胸椎がポイントです。

というわけで雲を眺めています。
わたあめがあまりにも美味しそうだったので、
甘いものがどうしても食べたくなり、
思わずマカダミアアイスを食べてしまいました。
余計なカロリー摂取ですけど、
まぁ“心の栄養素”ということで。

☆YouTube「show channel」より☆

SHOW TAKAMINE無観客LIVE「NO AUDIENCE6」
ひとり夏フェス2020ですが、
間もなくUPします!

今のところ、
初日の昼、初日の夕方をUPしましたので、
次は初日の夜です!

是非!
posted by 彷徨えるピアノマン at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月08日

天然水ゼリー

BLOG20200908.jpg

仕事帰りに見かけた自動販売機、
「水」が強調されたゼリーが目に付いて、
思わず買ってしまったのが「天然水ゼリー」。
しかもラムネ風味の文字が僕の欲求を煽ったわけです。
ラムネって響きが夏を感じさせてくれます。

夏らしさを失った今年の夏、
いつもなら嫌気が差す異常な暑さも、
今年は夏を感じさせてくれる数少ないもののひとつとして捉えることができて、
どこか喜びに近いものがありました。

僕は雷が大の苦手なのですが、
最近ちょくちょくやってくる雷雨でさえ、
夏を感じさせてくれるので…
ってやっぱり雷は苦手です。

それでも、
「最近は雷が多いですよね」
「そういうときに限って傘を持ってないんですよね」
なんて会話でちょっと微笑む、
そんな時間が大事だなって感じます。
マスク越し、表情がわかりづらい今だからこそ、です。

天然水ゼリーはけっこう振らないと出てきませんでした。
出てきたら美味しいラムネ味、夏を感じました。
気付くと奥の方でワオキツネザルが、
僕の天然水ゼリーを狙っていました。
ちょっとほっこりしました。

☆YouTube「show channel」より☆

夏フェスも夏祭りも軒並み中止な今年ですが、
こちらでは夏フェスを開催しております。

SHOW TAKAMINE無観客LIVE「NO AUDIENCE6」
ひとり夏フェス2020を開催中です。
後半戦、3/5〜5/5はあ間もなくUPしますので、
しばしお待ちを。
posted by 彷徨えるピアノマン at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月05日

としまえん

BLOG20200906.jpg

としまえんが閉園というニュースはとても寂しいニュースでした。
僕のガキの頃の思い出がたくさん詰まってる場所。
とてもノスタルジックな気持ちになりました。

ジェットコースターは3つありました。
サイクロン、コークスクリュー、シャトルループ。
サイクロンは木の乗り物みたいな外見で、
アップダウンがそこそこ怖くてそれなりのスリルを味わえる、
典型的なジェットコースター。
とりあえず乗るジェットコースターって位置づけでした。

宙がえりするのがコークスクリュー、
スタート時のスピードが凄まじいのがシャトルループでした。
コークスクリューがちょっとしたチャレンジ、
シャトルループはかなりのチャレンジって位置づけでした。
で、シャトルループに乗るっていうのが、僕らの“ステータス”みたいなものでした。
「お前、シャトルループ乗れた?」「乗れたよ!」みたいな。

鏡の迷路のアトラクションがミラーハウス。
ここでクラスメイトみんなで鬼ごっこ&かくれんぼの
ミックスみたいなゲームをしたのですが、
これが本当に面白かったのです。
鬼が捕まえる相手が鏡に映ってそこにいることがわかるのに、
鏡の迷路になっているので、そこにたどり着けないって楽しさです。
そして、ここで追いかけっこしてる最中、
気になる女子にばったりの瞬間なんてのはもう。

お化け屋敷は確か日本館と西洋館があり、“本物”が出るって噂でした。
それ系の本にとしまえんのお化け屋敷は“出る”って話が
掲載されたので広まったのですが、
ガキの頃ってその手の話、好きですよねぇ。
で、親友とふたりで面白がって本物を見つけようって遊んでいたら、
本当に「本物」を見たような…。

としまえんといえばプールです。
で、としまえんのプールといえば流れるプールなのです。
中学生のとき、男友達数人で流れるプールで遊んでしたとき、
僕らの近くで女子大生風のお姉さんたちが同じようにまとまって“流れていた”のですが、
そのお姉さんたちに僕らがボールを当ててちょっかい出したんです。

そしたら、お姉さんたちも面白いガキたちだなって具合で、
きゃっきゃ言いながら投げ返してきて、それでしばらくぶつけ合い。
いやぁ、これ、中学男子にはとてもとても刺激的なお遊び!
これは“思春期”の楽しい思い出ったカンジですね。

そして一番好きだったのがアフリカ館、
ジープに乗ってアフリカを旅をするっていうアトラクションです。
ここが本当に楽しくて楽しくて、本当に大好きでした。
としまえんに行ったら、絶対に行く、そして何度でも行くアトラクションでした。

その旅の途中でワニが登場する橋があるのですが、
ここで、クラスメイトのちょいとやんちゃな男子が、
ジープを降りてワニにまたがるという“伝説”を残したのです。
そのエピソードをもとに書いた曲が“アフリカ”です。

思い出がたくさん詰まったとしまえんですが、
大人になってから行くことはありませんでした。
ガキの頃の僕にとってとしまえんは最高の遊園地でしたが、
いつのまにか“ローカル”な遊園地扱いになっていました。
としまえん閉園のニュースとともに僕にとってのいろんなとしまえんが頭に浮かび、
ガキの頃の“楽しかった思い出”って本当に貴重なものだなぁ、
そんな風に感じました。
としまえんにありがとうを込めて。

☆YouTube「show channel」よりお知らせ☆
SHOW TAKAMINE無観客LIVE、
「NO AUDIENCE6」1/5と2/5をUPしました。
今回は「ひとり夏フェス2020」です。
1/5は初日の昼、
2/5は初日の夕方、
ってことです。
是非!
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする