2021年11月05日

この1点を、つかみ取る。

BLOG20211105.jpg

マリーンズはパ・リーグ優勝を逃しました。
マジックを3まで減らして、
あと少しのところで優勝は逃げていきました。

さぞかしショックだろう…
と思いきや、それほどショックは受けていません。
よく頑張ったなぁという想いが強いです。

なんたって「マジック」を人生初体験させてくれた。
今年はこれで十分です。

飛びぬけた選手がいるわけではないので、
日替わりヒーロー、全員野球。
そんなチームがでっかい夢を見させてくれました。

ちなみに2005年にリーグ優勝したとき(リーグ2位だけど)の
マリーンズはどんなチームだったかというと、
10勝投手が6人(渡辺、清水、小林宏、セラフィニ、久保、小野)、
小林雅が29Sで最優秀救援、
3割打者が6人(フランコ、今江、福浦、堀、サブロー、里崎)、
李承Yが30本塁打、西岡が41盗塁で盗塁王、
交流戦、日本シリーズ(かの有名な「33-4」)、
アジアシリーズなど6冠を達成、
“圧勝”と称されたすさまじいチームでした。

2021年のマリーンズはそんな「圧勝」なチームではありません。
1点を取りに行く、その1点を守り抜く、
それを適材適所、全員で。
まさに「この1点を、つかみ取る。」野球を見せてくれました。
ホントそれで十分。

そんな野球で楽しませてくれたのは、
なんといっても井口監督のマネジメント力に尽きます。
優秀なコーチ陣を集め、戦略を立て、
緻密な効率野球を展開してくれました。

2005年は「圧勝」でしたけど、
2021年の今は普通に強くなりました。
なので、来年以降も見えるんです、輝く未来が。
だからショックがあまりないんです。

悲願のパ・リーグ優勝は逃したので、
ある意味もう来年に目を向けています。
井口監督も選手たちも、そしてファンもそうでしょう。

なので、クライマックスシリーズはおまけみたいなもの。
これで日本シリーズまで行けたらもうけもん。
気楽に楽しく、CSを戦って欲しいです。

で、さらに笑えることになったら面白い。
そんな気分で、目指せ日本一!
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。