2019年09月26日

9・25下北沢BREATH

show takamine@breath20190925-01.JPG

show takamine@breath20190925-05.jpg

show takamine@breath20190925-09.jpg

show takamine@breath20190925-13.jpg

show takamine@breath20190925-15.jpg

SET LIST
1.LOVE SONG
2.Goodbye Yellow Brick Road(エルトン・ジョン)
 〜ひまわり
3.月光(B'z)
 〜Pianissimo
4.パプリカ(Foorin)
 〜Flower Flower
5.ずっとそばに
6.未来列車
7.素顔のままで
8.東京VICTORY(サザンオールスターズ)
 〜GOLD!!!
9.Happiness

「ディナーブレス」でした。
僕のステージは、
『秋の彩り物語〜The Howling Old Owl In The Woods〜』と題して、
いろんな秋の彩りを歌いました。

かき集めても…
ダイヤとか無理だから贈りたい、
“LOVE SONG”

年老いたフクロウが大騒ぎ…
黄色いレンガ路、
“Goodbye Yellow Brick Road”

太陽いっぱい浴びていこう…
黄色い夏の花、
“ひまわり”

無心に与え合え続けることは…
夢の道端に咲く花のよう、
“月光”

三日月のような微笑みような…
柔らかい光が差し込む、
“Pianissimo”

曲がりくねり、はしゃいだ道…
青葉の森で駆け回る、
“パプリカ”

名もなき花の小さな種…
見知らぬ大地にひとつ撒いてみよう、
それぞれの
“Flower Flower”

僕らが織りなす彩り…
鮮やかに染まるアルバム、
虎婚に捧ぐ、
“ずっとそばに”

千年先まで届けよう…
鉄の町、釜石に捧ぐ、
“未来列車”

目の前にあるもの…
ちゃんと向き合っているかい、
今も大変な想いをしている人がいる、
“素顔のままで”

彗星が流れるように…
夢の未来へ、
“東京VICTORY”

走り出す夏はコバルトブルー…
一番輝く色、それは、
“GOLD!!!”

大切なもの気付けたとき…
景色も色を変えるんだ、
“Happiness”

ってお話でした。

どの曲もとてもとても好評いただきましたけど、
“パプリカ”からの“Flower Flower”と、
あと、“Happiness”がハイライトだったでしょうか。

いろんな秋の彩りを並べてみたのですが、
この秋、僕が感じていること、
表現したいことを並べた感が強いです。

わりと直前までSET LIST悩んでまして、
リハーサル重ねていたけど、
結局、演奏しなかった曲もあります。

でも、この秋感じたこと、
『秋の彩り物語』としては、
良いSETになったんじゃないかなって思います。

『秋の彩り物語』のはじまりが、
“LOVE SONG”で、
“Flower Flower”があって、
おしまいが“Happiness”で良かったです。

この日奇しくも、
昨年旅した釜石で、
ラグビーのワールドカップが開催されました。

復興の象徴のひとつだと思います。
そんな特別な日に想いを込めて、
“未来列車”を歌えてよかったです。

共演のFACTA NON VERVA fearturingこむろさとみさんのステージもパワフルで、
とても素敵な夜となりました。

次回公演は、
28日(土)大塚Welcome back公演です。
僕のステージは、
『秋、走る物語〜Run For Your Life〜』と題して、
お届けします。
僕は5組中5番目の出演です。

『秋の彩り物語』に足を運んでいただいた皆様、
本当にありがとうございました。
共演のFACTA NON VERVA featuring こむろさとみさん、
お疲れさまでした。
BREATHの皆さん、ありがとうございました。

☆次回公演のお知らせ☆
公演日:9月28日(土)
会場:大塚Welcome back
開場:16時30分/開演:17時
料金:1000円(ドリンク500円)
出演:C-Line、agi-pon、カバーソール、ブクロスネイルズ、高峰ショウ

☆SHOW TAKAMINE LIVE☆
9月28日(土)大塚Welcome back
10月4日(金)東新宿真昼の月・夜の太陽
10月26日(土)大塚Welcome back
11月6日(水)東新宿真昼の月・夜の太陽
11月30日(土)六本木Real Diva's

☆高峰ショウfacebook☆
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb
posted by 彷徨えるピアノマン at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ショウ様の「Run For Your Life」というタイトルコールに
「Are you ready to Rock'N'Roll?」とレスした秋の朝

朝食時、ライブアルバム『Tribute』をかけながら
私のギターヒーロー‘ランディ・ローズ’のナマ声に哭きました

...もう、37年かぁ...

出勤時、目を腫らして駅まで走ったのは
ショウ様よりちょびっと早く生まれた25歳!!!!!

今年マリンステージ上を
狂乱モードで奔ってた‘The Struts’が最近のお気に入り
このところの夕食時には軽〜く踊る方向で箸ッテル25歳!!!!!!!!!!

ひとつ何かが欠け
ひとつ何かが足され
続いてゆく
代り映えのしない日常の物語
Posted by 52番街 at 2019年09月27日 14:37
>52番街さん
ありがとうございます!
I'm alway ready to rockでございます。

ランディ・ローズの『Tribute』は、
20年前、つまり5歳のころ、
聴きまくっていた名盤でございます。

37年ですか…。

僕が武道館の前から5列目で見たオジーのLIVE、
オジーの隣はザック・ワイルドでした。

ちょびっと早く生まれた25歳、
サマソニまでフォローしておりますか!


ありふれた日常の物語、
その一日一日を大切に重ねていきたいです。
Posted by Show Takamine at 2019年09月30日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: