2020年03月30日

志村けんさん

BLOG20200330.jpg

show channelにて無観客LIVEをUPしました。
そのことについてはまた後日書こうと思います。

今日は悲しい日でした。
志村けんさんの訃報。
本当に本当に悲しいです。

訃報を聞いてしばらく茫然として、
そのあと、涙が溢れてきました。

子供の頃から見ていた、
大好きなスーパースターが亡くなるというのは、
初めての経験かもしれません。
こんなに悲しい気持ちになるのですね。

数日前に入院したという報道があり、
その後の状態は良くないという憶測も目にしましたけど、
本当にいなくなってしまったという現実を突きつけられると、
とてつもない喪失感を感じました。

僕のお笑いの目覚めは、
ガキの頃、土曜の夜8時にやっていた、
『8時だよ!全員集合』だったんです。
「志村、後ろ、後ろ」で有名な番組です。

同じ時間に他局でもお笑い番組をやっていましたけど、
僕は断然ドリフ派でした。
♪カラスの勝手でしょ♪なんて歌ってたガキのひとりです、僕。
もはや原曲がわからないぐらい、それぐらいのインパクトでした。

東村山音頭もそう、
ひげダンスもそう、
いっちょめいっちょめわ〜おもそう。

ドリフの笑いって予定調和だったりします。
つまり、ある程度先が読める展開なんですけど、
だからこそ心地よいし、
大人から子供まで楽しめる笑いだったりしたのです。
「志村、後ろ、後ろ」なんてまさにそう。

そんな予定調和な笑いの世界を、
志村さんはずっと追究した気がします。

全員集合のあとの、
「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「だいじょうぶだぁ」「ドリフ大爆笑」「バカ殿」。
どれも大好きでした。

志村さんの笑いには優しさを感じました。
老若男女誰もが楽しめる笑いの本質がそこにあると思うんです。

変なおじさん、ひとみ婆さんなんて人物描写も、
ちょっと変わった人をユーモラスに描いています。
そこに悪意は感じないわけです。

志村さんの作り出す笑いが好きな理由のひとつは、
感覚的な笑いではなくて、
作り込んだ作品と感じるからなんです。

世界の笑いのビデオをたくさん集めて、
相当研究熱心だったと聞きます。
僕らに見せる部分はただただバカをやってて、
大いに笑わせてくれるわけですけど、
その奥に相当作り込んでいる努力や苦悩もあったんだと思います。

素の志村さんが笑うときって、
ちょっと照れ笑いなんですよね。
そこに人柄を感じます。
プライベートでは寡黙だったとも聞きます。

コントではキャラクターを演じているわけですけど、
ちょくちょく演技ではなくて、
素で楽しんでいるところが見られるのも好きでした。

中でも柄本明さんとの芸者コントは最高でした。
志村さんと柄本さんがコントを超えて、
お互いのやり取りはただただ楽しんでいる、
そこが本当に面白くて、腹の底から笑いました。

僕の親父がこの芸者コントが大好きで、
「志村けんと柄本明は本当に面白い」といつも大爆笑していた記憶があります。
普段は気難しい親父でしたけど、
芸者コントを見る親父は心からの素敵な笑顔の親父で好きでした。

志村さんとパートナーを組む女性たちとのやり取りも、
素を感じて好きでした。
とくに、いしのようこさんと優香さん。

コントだから夫婦という設定もファンタジーなんだけど、
どこかリアルに感じるところがあって、
で、それがネガティブな印象にはならなくて、
微笑ましさを感じさせてくれるんです。

本当に仲良さそうだなぁと。
いしのようこさんとは本当に結婚して欲しかったぐらい。
それだけ、共演の女性陣も志村さんとのコントを楽しんでいたんだと思います。

バカ殿でもだいじょうぶだぁでも、
思いっきり下品なコントもあるけど、
それが不快には感じない、
それも志村さんの人柄によるところもあると思います。

日本の宝、
日本が誇るコメディアンでした。
そう、「コメディアン」と呼べる数少ない人物だったんじゃないでしょうか。
志村さんみたいな人はもう現れないんじゃないかなぁと思います。

というわけで、今日の朝はとても悲しくて泣きました。
ハリセンボンの近藤春菜さんが番組中に号泣したことが話題になっていたので、
その流れで夜に志村さんと春菜さんのコントの動画をYouTubeで見ました。

とてもとても面白くて、
思わず爆笑してしまいました。
そのあと、泣けてきました。
やっぱりまだまだ見たかった…。

天国ではいかりや長介さんとまたコントするのかな。
「怒っちゃやーよ」「だめだこりゃ」って。

ご冥福をお祈りします。
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: