2021年06月23日

雨に唄えば

BLOG20210623.jpg

『雨に唄えば』は1952年のアメリカ映画。
ミュージカル映画の名作中の名作。

とにかくジン・ケリーのダンスが素晴らしい。
体幹の安定が半端ない。
そんなケリーとダンスの競演を見せる、
ドナルド・オコナーのダンスも素晴らしい。
コミカルで愛嬌があって楽しい気分になる。

ストーリーはとってもシンプルなラブストーリー。
少々いきなりな展開も、
ダンスと歌で上手にまとめてくれる。

ハリウッドにトーキー映画が出現したことを
取り上げているところがまた面白い。
変革期の苦労が面白おかしく描写されている。

そしてなんといっても、
ジーン・ケリーが雨の中、
“雨に唄えば”を歌い踊るシーンが、
やっぱりな歴史的名シーン。

雨に降られても楽しい気分になれる、
そんな雨の日にオススメの映画。
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月20日

かっくん

BLOG20210620.jpg

商売上がったりの日々で、
見つけた楽しみのひとつが虫探し。
散歩しながらガサガサやるのです。

見つけようと思ってガサガサやると、
いろいろ見つかるもので、
それがなかなか面白いのです。

で、石をカパッとやって見つけたのがカニさん。
かっくんと名付け飼育を始めました。
おうちは亀のはっちゃんの岩のお下がり。
ごはんは亀のはっちゃんのカメプロスのおすそ分け。

はっちゃんはカメプロスを一口でパクっと食べますけど、
かっくんは小さくちぎって、
左右の手を交互に口に持って行って、
上手に食べるのです。

その様は人間がスナック菓子を食べるかのよう。
PCでの作業の合間にふとかっくんに目をやると、
不思議と微笑ましい気持ちになるのです。

でも、はっちゃんがすごく懐いているのに対して
(僕をごはんをくれる生き物と認識しているため)、
かっくんは逃げる逃げる!しかも速い!
そんなところも楽しんでいます。
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月17日

こもれび

BLOG20210617.jpg

枝葉から漏れる優しい光。
暑さを感じる午後も、
ふと見上げれば、
柔らかい景色がそこにあって、
心には爽やかな風が吹き込んだりします。

まったく仕事がなくなった日々のあと、
不完全ながら仕事が戻り、
その不完全なサイクルに慣れてきたところで、
もう少し「通常」に戻りそうです。

去年から世の中の諸々に、
右往左往する暮らしですけど、
そのすべてにきっと意味があるのでしょう。

こもれびは季節によって、
その光の強さを変えながらも、
いつだって優しくいてくれます。
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする