2020年05月14日

散歩

BLOG20200514.jpg

太陽。
いっぱい浴びていこう。

おうちな日々ですけど、
暑さ慣れしたほうがいいとか、
ビタミンDとか、
その他もろもろで、
なるべく散歩しています。

そしたら発見があったり、
身体に良いことがあったりで、
その他もろもろで、
太陽さまさまです。

♪手のひらを太陽にすかしてみれば…

さて、
SHOW TV2020年5月号!!!2/3、3/3ですけど、
そろそろUPします!

しばしお待ちを。

そんなカンジで、
See you next shiasatte!!!
Arrivederci!!!
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

ぼよよん行進曲

BLOG20200512.jpg

木漏れ日。
青空と白い雲。
太陽の光を新緑が優しくする。

ほんの少し見上げれば、
清々しい景色が広がっている。
それが5月。

ぼよよよ〜んと高く、
飛び上がってみよう。

ということで、
先日、大変お世話になっているぴんちゃんより、
コラボのお誘いをいただき、
せっかくコラボするなら今話題の曲で、
僕もとても感動した曲ということで、
“ぼよよん行進曲”をコラボしました。

それぞれのおうちで演奏して、
ひとつの画面で音が重なり合う、
これ、やってみたかったので、
このような機会を与えていただいて、
本当にぴんちゃんには感謝しています。

想像以上に反響があったようで、
元気をお届けできたり、
感動していただけたり、
歌に関する嬉しいお声もいただき、
とても良かったと思っています。
選曲が良かったってことでしょう。
歌のお兄さんになれるかな(笑)

“ぼよよん行進曲”は、
僕がコラボ動画をよく見ていたからか、
今、とても話題になっていたからか、
オススメで出てきて見てみた曲だったのですが、
もう号泣でした。

何回聴いても涙が溢れてきます。
歌を聴いて泣いたことは今までもありますけど、
楽曲、作品に対してここまで感動したのは初めての経験だと思います。

なんたって歌いだしの歌詞が、
♪どんな大変なことが起きたって♪
ですからね。
ここでグッと来ます。

♪おしつぶされそうな そんなときだって♪
「いまだ!スタンバイ!オーケイ!」
そのときを待つんです。

今は本当に我慢の時。
いろんな人がそれぞれの事情で我慢している。
いつになるかわからない収束の時、
そのときが来たら、
「いまだ!スタンバイ!オーケイ!」となれるよう、
今はぐっと膝小僧に勇気をためておく、
そういうことです。

この曲は歴代の歌のおにいさん、おねえさん、
体操のおにいさん、身体表現のおねえさんが歌っています。
そこも泣ける理由のひとつだったかもしれません。

つまり、世代を越えて、
みんながひとつになってこの困難を乗り越えようとしている、
そして未来に繋げていく、
そんな風に感じたからです。

そして、カヴァーしてみてわかったことですけど、
この曲、音的にも絶妙に作られているのですよ。
泣ける旋律を奏でているわけなんです。
1回し目と2回し目が絶妙に変化しているんですよ。
前向きな歌詞の裏で切ない音色が奏でられていたりするのです。

さすがプロの仕事は違うなぁと感服してしまうのです。
作曲したのは中西圭三さんです。
いや、ホントさすがです。

こんな今だからこそ、
ポジティブな発信をしたいという想いがあります。
そういう意味でもこの曲は今の僕にとってもマッチしました。

今の状況を乗り越える応援歌、
そんな風に捉えています。

1+1が10にも100にもなる、
そんなアレンジをしてくれたぴんちゃんもさすがでした。

とにかく伝えたいことは、
どんな大変ことが起きたって…、
ぼよよよ〜んと乗り越えよう!
ってことです!

そんなカンジで、
See you next shiasatte!!!
Arrivederci!!!
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

床磨き

BLOG20200508.jpg

ラプンツェルが教えてくれた、
Stay Homeの過ごし方。

ラプンツェルが歌う“自由への扉”の歌詞の中に、
おうちでできることのリストがあるわけですけど、
このうちのいくつかを僕も始めています。

ラプンツエルが教えてくれたから、
というわけではなくて、
自然にやってみたくなったいくつかです。

そのうちのひとつが床磨き。
床を磨くなんて今まではかったりぃことだったのですけど、
昨今のアレで頭が「除菌、除菌、除菌、除菌…」。

ということで、
床をアルコールで「除菌、除菌、除菌、除菌…」って磨き始めたら、
これがですね、めちゃくちゃ楽しいのですよ。

頭の中で「エリア」を作って、
エリアAから順番に磨いていくわけですけど、
少しずつ綺麗になっていく感覚が、
もうたまらないのです。

前にもちょっと書きましたけど、
ウイルスをラメとイメージします。
*YouTubeのオススメで出てきた除菌の仕方でそう言っていたので

そのラメを拭き取っていくのをイメージしていくわけですけど、
ラメがなくなって綺麗になった床がなんとなく見えるのです。
そのなんとなく見えてる床が筆舌に尽くしがたい快感なのです。

「床磨きの鬼」と化して床磨きしております。
♪除菌、除菌、除菌、除菌…♪と歌いながら。
楽しそうでしょ!?

さて、緊急事態宣言延長のため、
5月15日(金)下北沢BREATH公演と、
5月29日(金)大塚Welcome back公演が、
それぞれ中止、延期となりました。

もちろん、現在の情勢を見る限り、
中止、延期は想像していましたけど、
BREATHさん、Welcome backさんから正式に連絡をいただきましたので、
発表という形になりました。

BREATH公演はスリーマンの「ディナーブレス」、
Welcome back公演は20周年記念ツーマンライブだったので、
とても残念です。

これで予定していたすべての公演がなくなりました。
今後の公演予定は完全に白紙となりました。

3月以降、
真昼の月・夜の太陽さん、エクレルシさん、BREATHさん、Welcome backさん、野外イベントひとつの、
計9本がキャンセル、中止、延期となりました。

安心、安全にステージに立てる日はいつ来るのでしょうか。
いろんな情報を目にします。

100年前のスペイン風邪と一緒、スペイン風邪は収束に2年かかった…。
来年予定される東京オリンピック・パラリンピックの通常開催の可能性は0%…。
コロナウイルスは他のウイルスと同様、なくなることはなく共存していく…。
などなど。

最近厚生労働省が発表した「新しい生活様式」を見ると、
歌は十分な距離かオンラインで、とあります。
この「新しい生活様式」とは収束するまでなのか、
それともこれからずっとなのか…。

音楽の形態は変わっていく、
そんな記事も目にしました。
90年代はCDを売る時代、
2000年代に入りCDが売れなくなり、LIVEの時代に、
そして、2020年はLIVEが出来なくなり、
これからは配信の時代になっていく、と

すでにお世話になっているライブハウスも、
クラウドファンディングなどの成果で、
配信できる環境を整えつつあります。

僕はどうするか。
とりあえず、僕はYouTubeのチャンネルを開設していたので、
そこで表現していこうと思います。
「音楽活動」ではないのかもしれませんけど、
「音楽」を発信してお届けして、繋げていきたい、そんな想いです。

それでも、やっぱりお世話になっていたライブハウスのステージで、
歌い、弾き、音楽を奏でたいです。

いつかまたステージに立てる日が来ることを信じて、
今は今できる環境で音楽を発信していきます。
なので、今後の公演は白紙になりましたけど、
高峰ショウをこれからもよろしくお願いします!ってことです。

そんなカンジで、
See you next shiasatte!!!
Arrivederci!!!
posted by 彷徨えるピアノマン at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする